ご縁をいただきまして、2016-2017シーズンの日本ハンドボールリーグの試合を生中継するJHLTVさんの中継現場から、近畿地方と三重県で行われた試合の現場を担当させていただきました。

機材的には、現場がワンマンオペレートのために必要最小限ですが、
試合を捉えるメインのHDカメラとスコアボードをずっと撮る固定カメラの2台を、パソコンに入力して画面を合成し、東京のセンターから配信するという形態です。

 

主催会場の協会の方から、生配信やすぐに見られるVOD(ビデオ・オン・デマンドの略称)があると、チームの選手の皆様もモチベーションが上がるのでありがたい、というお声をいただきました。

当社で担当したのは、10/1の四日市、10/2の生駒市、10/23の名張市、10/29の員弁市、2/25の大阪市、2/26の京都市での開催分でした。
JHL TV・試合結果とVODのページはこちら